プロフィール

Pocket

はじめまして。
高之瀬陽子(たかのせようこ)と申します。

私は39歳の時、6カ月で12キロ減量させる
ダイエットに成功しました。

子供のころからぽっちゃりぎみで、
産後に増えた体重がなかなか戻らず
悶々とした日々を過ごしていました。

でもある時に出会ったダイエット法が
私を劇的に変えてくれました。

この経験を生かして、
ダイエットに悩んでいる方や
健康的な料理に興味のある方に
アドバイスをしています。

現在、コンサルティングをしながら
ブログ、メルマガ、SNS、YouTubeなど
Webを通してダイエット法や
健康的な料理の提案をしています。

なぜ情報発信をしているのかというと、
「ヘルシー料理のすばらしさを広めて、
ダイエットの成功者を増やしたい」
と強く思っているからです。

その理由についてはこれからお話しますが、
その前に自己紹介を簡単にしておきますね。

・ある時出合ったダイエット法により6カ月12キロの減量に成功する

・記者に取材されて雑誌に掲載される

・料理に夢中になって合計11冊のレシピ本を出版する

・ヘルシーレシピの料理教室をしている

・周りの目が気にならなくなり、好きな洋服が着られるようになる

・好きなことは料理、お菓子・パン作り、多肉植物・観葉植物を育てる、ハンドメイド作品を作る

・好きな言葉は笑う門には福来る

・教養を身につけるため、読書を欠かさない

・自然豊かな田舎に住み、毎日ウォーキングをしている

・お弁当や自家製天然酵母のパンを作って、天気の良いときはピクニック

・300人以上が購読する隠れた人気メルマガを2年間運営

こんな感じで楽しいライフスタイルを送っています。

そして、ダイエットから解放されて
ストレスフリーで楽しい人生を実現している今
こういう人が少しでも増えれば
世の中に良い影響を与えられる
本気で考えています。

『誰でも健康になれて
理想の生活を実現できる』
と心から感じています。

現在のライフスタイルになるまでの
ダイエット法の流れは
こちらのメルマガで詳しくお話しているので、
もしよかったら読んでいただきたいです。

メルマガを登録すると
ヘルシー料理のレシピ集も受け取れます。

私の過去についても
ざっとお話しておきますね。

生い立ち

すじこご飯弁当を毎日 ~幼稚園時代~

私が幼稚園の頃は給食がなかったので、
毎日お弁当を作ってもらっていました。

他の子供たちはカラフルでおいしそうなお弁当を食べている中、
私のお弁当の色は赤と白しかありません。
なぜかというと、ご飯の上にすじこをのせただけのお弁当だったからです。

チーズとかミートボールとか、子供が喜びそうなおかずは一つも
入っていませんでした。

それは私の母親が手抜きをしていた訳ではなく、なぜかすじこご飯しか
食べられなかったのです。

そして家で食べるごはんの時も好き嫌いが激しく、野菜は大嫌い
「もう、あなたに何を食べさせたらいいか分からない。」
と母親に言われ、いつも困らせているような子供でした。

居残り給食 ~小学生時代~

好き嫌いが激しく運動が嫌いだった私は
ぽっちゃりぎみでした。

肥満注意の紙を毎年もらっていた
嫌な記憶があります…。

また、私が小学生だった30年くらい前はまだきびしい先生がいて、
給食を残すことは絶対に許されませんでした。

好き嫌いがはげしかった私は、給食のこんだて表で嫌いな物が出る日は
朝からとてもゆううつでした。

今でもよく覚えているのは、
ゆでたほうれん草と鶏のササミを和えたおかず。

そのおかずはいつまでもかみ切れなくて、給食の時間だけでは食べ終えられず。
午後の授業中も目の前には給食のおぼん。

そして気が付けば、放課後のそうじの時間になっていました。

そこでやっと先生から許可が下りて、
泣きながら給食室へ食器を返しに行ったのでした。

少しずつ食べられるものが増えていった ~中学・高校時代~

「このままではいけない」と、どこかで思っていたようで
まだ好き嫌いはあるものの、少しずつ食べられるものが増えていきました。

しかしなまものはまだ苦手で、刺身やお寿司は食べられませんでした。
また、生まれ故郷の名物「しょっつる鍋」もくさみが苦手で手を付けられませんでした。
(しょっつる鍋とは、ハタハタやネギなどの野菜をしょっつるという魚醤で煮込んだ鍋料理です。)

その後、高校生の頃はまたお弁当を持って行きましたが、
いつの間にか人並みのおかずを食べられるようになっていました。

一人暮らしで料理に目覚め始めた ~大学生時代~

実は高校生の時までほとんど料理をしたことがありませんでした。

大学生になり一人暮らしをするようになって、
少しずつ料理を覚え始めました。

まだSNSやYouTubeが一般的でなかった頃だったので、
私の料理の先生はもっぱら本でした。

健康を意識するようになった ~社会人時代~

社会人になり東京で働くようになりました。
幸いなことに、
割と規則正しい就業時間だったので(本当にありがたかったです。)
自炊を続けることができました。

一人暮らしを始めたころから
「こういう食事をしたらいいよ。」
「この本読んでみたら?」
と、よくメールをくれていた母親の影響もあり、
栄養バランスに気をつけるようになっていました。

妊娠・出産

二人の娘の妊娠中はどちらもつわりがなく、とても助かりました。
この頃はまだお肉を食べていましたが、
食事全体から見た割合はそんなに多くはなかったです。

その後も本やインターネットで食事のことを学んだりしていました。
そしてある本の中で食肉製造のことが書かれており、
少なからずショックを受けました。

それから肉を使わない料理をするようになりました。

でも、体重の問題は全然解決しませんでした。

食事には気を使っていましたが
産後に増えた体重はほとんど減らず、
高い数値をキープしたままでした。

運動がずっと苦手だったので、
なるべく食事だけでどうにかできないかと
いろいろなダイエットに取り組みました。
が、結果は思わしくなく
焦りや不安がいつも心の奥底にありました。

年齢もあるし、もう一生このままなのかな。
あきらめかけていた時、
とあるダイエット法に出会いました。

6カ月マイナス12キロを達成

そのダイエット法は自分でもびっくりするくらい
効果てきめんでした。

運動をたくさんしたわけでもないのに
いつの間にか脂肪が落ちていました。
見た目にもすっきり感が出ていました。

今ではダイエットに悩んでいたころのことが嘘のようです。

人の目を気にすることもなくなり
料理を楽しみながら、心から食事を楽しめています。

そして、
ダイエットから解放されて
ストレスフリーで幸せな人生を満喫しています。

………

こんな感じで私の過去を書いてみました。

私はごく普通の主婦でした。
いつも体型を気にしたり、
モヤモヤとした日々を過ごしていました。

でも、自分のアンテナをはっていたら
良いご縁に恵まれ、
正しい情報を得て
正しい行動をして、
驚くような結果を得ることができました。

これまでの経験を通して、
『ごく普通の人でも、正しい道を進めば
人生を変えることができる』
ということが断言できます。

意識次第で人生を好転できるのです。

ヘルシー料理が広がれば世界はもっと良くなる

私のダイエット法に役立ったのが
「お肉を使わない」ヘルシー料理です。

私がなぜお肉を食べないのかについて、
詳しくお話します。

………

みなさんはスーパーでお肉を買いますか?

普通の人は、買いますよね。
特に何かを気にすることもなく。

では、スーパーで綺麗にパックされて並んでいるお肉が
どのように処理されているか、気にしたことはありますか。

食肉生産の製造過程はヴェールに包まれています。
なぜ、公開されないのか。

それはあまりにも残酷な光景だからです。

機械的に運ばれて機械的に命を絶たれ、
機械的に皮をむかれて内臓を取られ
次々と処理されて、
スーパーでよく見るお肉のかたまりになっていきます。

また、肉食による環境への影響
決して少なくありません。

最近の夏はとても暑いですよね。
むしろ「熱い」と書いた方が
適切な温度かもしれません。
地球温暖化が進んでいて、
どんどんどんどん平均気温が上がっています。

私が子供の頃はこうではなかったです。
ここ10年くらいで急上昇しています。

なぜこんなに平均気温が上がるのかというと、
地球上の二酸化炭素濃度が増えているからです。

スーパーで売られているお肉のパックになるのに、
どのくらいのエネルギーが使われているか
みなさんは考えたことがありますか?

実はなんと

牛肉を1kg食べると、
車で100km走るのと同じ量の温室効果ガスが排出されるのです。

豚肉・鶏肉・乳製品も環境に与える影響が高く、
牛肉の約半分くらいの温室効果ガスが排出されています。

なぜ、肉や乳製品は
こんなに多くの温室効果ガスを出してしまうのでしょうか?

牛などは本来ならば草を食べる草食動物です。
ですが、食肉用に飼育される動物には
トウモロコシや大豆など栄養価の高い穀物が
エサとして与えられています。

穀物は草と違って、
人間が手をかけて育てなければ収穫できません。
動物のエサを作るためだけに野菜を栽培するのと同じように
化石燃料などのエネルギーが使われているのです。

もしみなさんがお肉や乳製品を食べない日を
1日でも2日でも増やせたら、
少しは温暖化に貢献できるのではないでしょうか。

「お肉を使わない」ヘルシー料理をおすすめしたい本当の理由

最後に「お肉を使わない」理由の、
一番大事なことをお話しします。

それは、
世界平和に貢献できるからなのです。

日本は平和なので、
戦争なんてどこか遠い国のことでしょ、
って思いますよね。

でも、ご存じだとは思いますが
日本は輸入大国です。
日本の台所は世界に支えられていると言っても
言い過ぎではないです。

もし、日本が輸入取引している国が戦争になったら
どうなると思いますか。

食料の供給がストップします。
多分、食べられるものはかなり限られることになるでしょう。
芋と米だけ、とか。

そして現在、世界のどこかでは
紛争が絶える時がありません。
同じ人間同士が殺しあうなんて
なんて悲しい出来事でしょうか。

遠い国でも言葉が通じなくても肌の色が違っても、
日本人と同じ人間です。
そんなことを思うと、
戦争なんて遠い国の出来事だなんて
軽く片付けられないのです。

その戦争の原因の一つは肉食にあるんです。
食肉生産のため、牛などを放牧できるように
熱帯雨林がどんどん伐採されています。

地球上の限られた資源を人間が奪い合っているから、
戦争が起きてしまう。

それに、肉食は人間を争いに駆り立てます。
肉食動物を思い出してください。

ライオンやトラのような動物ですね。
肉食動物は瞬発力が必要です。
肉食動物が獲物を見つけたら一気に駆け寄り、
一撃で獲物を仕留めますよね。

この瞬発力を発揮させるホルモンがアドレナリンです。
アドレナリンが出ると、
急激に脈拍・呼吸・血圧・呼吸・血糖が高まります。

人間も同じで、
肉を食べるとアドレナリンを分泌させやすくなります。
アドレナリンは怒りのホルモンとも言われています。
イライラしたり怒りっぽくなるんです。

だから人間同士で憎みあってしまうんですね。

人類が肉食を続ける以上、
戦争は絶えないでしょう。
悲しいです。

私一人が肉食をやめても
戦争は消えないかもしれません。

でも、このような考えに同意してくださる方が
一人でも二人でも増えたら?
その輪が日本を飛び出して
世界にも広がったら?

いつか地球が平和に穏やかになるかもしれません。
そんな思いを抱きながら、
私は今日も「お肉を使わない」ヘルシー料理を作り続けています。

体と心はつながっています。
ほんの少し地球のことを思い、
世界に心をつなげながら料理すると、
穏やかで幸せな気持ちになります。

そんな方の応援が出来たらいいな、
との思いもあり
こちらのページから
レシピ本を無料ダウンロードできるようにしています。

『料理を楽しみながら長年の悩みも解消できて
心からHappyな人生を満喫できる方が増えたらいいな』

こんな想いが私にはあります。
あなたの人生の一助になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

高之瀬陽子

6カ月-12キロ達成&Amazon出版記念

~レシピ本を無料プレゼント~

私は39歳の時、6カ月で12キロ減量させる
ダイエットに成功しました。

子供のころからぽっちゃりぎみで、
産後に増えた体重がなかなか戻らず
悶々とした日々を過ごしていました。

でもある時に出会ったダイエット法が
私を劇的に変えてくれました。

正しい情報を知り
正しく実践すれば、
誰でも減量できるし健康になれて
自信がつくのを実感しています。

そして、ダイエットから解放されて
ストレスフリーで楽しい人生を実現している今、
こういう人が少しでも増えれば
世の中に良い影響を与えられると
本気で考えています。

そういった理由から、
メルマガの中でダイエット法を公開し、
ダイエットに役立つヘルシー料理のレシピ本を
限定公開しています。

もし興味があれば読んでみてください。

⇒『ヘルシー料理のレシピ集』を見てみる

メールアドレスを入力すればすぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

↓これまでに出版した本↓

お肉と乳製品を使わない。地球にやさしいレシピ

そば粉シフォンケーキ

そば粉の焼き菓子-乳製品不使用のやさしいおやつたち

高野豆腐が主役‐もうお肉はいらない

高野豆腐と粉豆腐のおやつ‐そば粉でヘルシー

野菜だけ!シンプルレシピ-動物性食品不使用のカラフルおかず

高野豆腐粉とそば粉で作るクイックブレッド-ふんわり食パン風&カリッとスコーン風

高野豆腐と野菜でヘルシー 12キロやせたごはん

ヘルシーおやつ‐卵乳製品なし&ビターチョコ

和のおやつ‐甘酒・酒粕・高野豆腐

ベジパスタ‐高野豆腐・野菜たっぷり

↓期間限定レシピ本プレゼント中!↓

ヘルシー料理のレシピ集