食べることは生きること!その「しつけ」正しいですか?

Pocket

こんにちは、高之瀬陽子です。

佐藤初女さんの『粗食のきほん』という本から学んだこと、

本当の食のしつけについて紹介します。

本当のしつけとは?

本より抜粋。

”食事に関して、栄養だけでなく、しつけという面で厳しい

お母さんが増えています。

たとえば、午前十一時に子どもがお腹を減らしたとしても、

食事の時間になるまで食べさせないとか。

食事の時に一口三十回噛ませるなど。”

 

この文章を読んで私はどきりとしました。

というのも、よく「三十回噛んでね」と声掛けしていたからです。

しつけというほど厳しくはしていませんが、

つい言ってしまっていました。

反省です。

 

そして、何時に何をする、のような考え方は欧米式なのだそうです。

私はどちらかというとおおざっぱですので、

きっちりきっかり時間通りに!とは思いませんが、

そういうお母さんも多いのだと思います。

 

初女さんは「子どものことをまず受け止めてください」と書かれています。

とにかく受け止めてみて、それがいけないことであれば

受け止めた後に話をしてあげるということです。

大人の事情を押し付けてはいけないということですね。

 

私も朝の忙しい時などつい小言を言いそうになるのですが、

気をつけなければと、改めて気付かされました。

 

「自分が育つときにどんな思いだったのかを考えて、

イヤだったことはやらないように」と、初女さんの言葉。

 

確かに自分の子供の頃を振り返ると、残さず食べなさいとか

早くしなさいとか、言われて嫌な事ってあったかもしれないと思います。

素直に従っていたかどうかは思い出せませんが。

 

”子どもはきちんと話せばわかるから、叱る必要はないんですよ。

子どもを叱る人は、自分の思い通りにならないからと、感情で叱ってるだけ。

それに、子どもは大人が教えたいと思っているようなことはしてくれない。

ほとんど、大人がして欲しくないことをするもの。”

以上、本から抜粋。

 

まさにそのとおりですね。

して欲しくない事から、子どもはしてくれます。

出かける直前に「今するの?それ」ということをし始めたり。

掃除が終わったそばからまたおもちゃをばらまいたり。

思い当ることばかりです。

感情的にならずに、大人である自分が落ち着かなければと思います。

 

そして、食事でも同じことが言えます。

大人が美味しそうに食べていれば子どもも食べるんです。

反対に大人が食事をおろそかにしていれば、

子どももおろそかにするということですね。

 

ですから、まずは親が美味しいねと声掛けしながら

食べる姿を見せることが大事です。

子どもが苦手なものでも、何度も繰り返していたら

いつかは食べてくれるだろう。

気長に待ってあげる事も、食事のしつけで大事な事ですね。

 

食は命

食事というのは生きていくうえで一番大切なことです。

食事を粗末にするというのは自分の命を粗末にする事になるのではないかとも思います。

 

初女さんは「食材は私たちを動かす炎みたいなものだ」と書かれています。

そうすると調理する心が違ってくる、食材の命と私たちの命が一緒になって

これからの生涯を共に生きていくんだ、という事です。

食事という行為は深いですね。

 

人間は自然の命をいただいて生きているんですよね。

そうすると食材を無駄にはできないし、

少しでも美味しく作りたい、美味しく食べたいと思います。

料理というのは自然の命と自分の命をつなぐ行為

 

食材に感謝して心をかけて調理をすれば、

凝った料理でなくても美味しいものができるという事です。

 

食べることは生きることのまとめ

子どもは親の背中を見て育つと言われますが、

食事でもこのことが当てはまりますね。

そして本を読んで私も改めて気付かされたこと、

勉強になったことがたくさんありました。

食材に感謝しながら心をこめた料理をこれからも作り続けていきたいです。

 

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

なぜ子どもは好き嫌いをするのか?【食べることは生きること】

高之瀬陽子 公式メールマガジン
ダイエットから解放されてストレスフリーになったストーリー

≪学べる内容≫

✔無理な食事制限も特別な運動をしなくてもできる、減量成功のカラクリとは?

✔一回身につけたらもう絶対にリバウンドしないしくみとは?

✔長続きしない・すぐ諦めてしまう人でもできる、ダイエットを続けられる秘訣とは?

✔我慢しなくても美味しい料理が食べられる、健康的にやせるレシピとは?

✔きれいになっておしゃれを楽しめる輝く未来を確実に手に入れる、痩せていく脳の作り方とは?

etc.……

↓ ↓ ↓ ↓

プレゼント