他人と比べない!なぜ自分軸を持つべきなのか?【3つのヒント】

レシピ本プレゼント

Pocket

 

こんにちは、高之瀬陽子です。

塩沼亮潤さんの『縁は苦となる苦は縁となる』という本から学んだこと、

人生をプラスにするHappy Lifeのヒントを3つの項目に分けて紹介します。

 

他人と比べない!【動画】

動画でまとめましたので紹介します。

 

「人生」を他人と比べない

心に響いた文章を抜粋します。

”誰かと比べず、自分は自分でその場所で野に咲く一輪の花のように精一杯生きればいいのです。

野に咲く花は自分の姿ととなりの花を比べたりしません。そして、妬んだりもしません。

ただ与えられた場所に根を下ろし、精一杯きれいな花を天に向かって咲かせている。

お互いにけんかすることもない。

私たちもそのように生きたいものです。”

 

隣の芝生は青い」という慣用句があるとおり、

何でも他人のものは良く見えるものです。

 

となりの家は大きいとか、いい車に乗っているとか。

人はつい自分と他人を比べてしまいますよね?

そして見栄を張って無理な買い物をしてしまったり…。

 

でも本当にそれでいいのでしょうか?

私はあまり物欲がないので他人と張り合おうなどあまり思わないのですが、

この本を読んだときに改めて次のように思いました。

 

野に咲く花はただ咲いているだけ。

花も虫もただ生きているだけだ。

養分を吸収したり餌を食べたり子孫を増やしたり、

自然界の生き物はただ生きているだけではないか。

他人と自分を比べているのは人間だけだ!

 

このことに気付くと、他人と物で張り合うのがばかばかしくなってきます

あなたの価値は物によって評価されるわけではありません

 

どんなブランド物を持っていようが、

いい車や大きな家を持っていようが同じなのです。

他人はあなたという人ではなく、

まわりの物や車や家を見ているだけなのです。

 

もっと自分という価値を、自分という軸になるもの

大事にしてあげた方がいいと思うのです。

自分軸を持つということは自己肯定感を高めるということでもあります。

 

では次に自己肯定感の高め方について紹介します。

 

「人間関係や子育て」で成功体験を積む

心に響いた文章を抜粋します。

”叱ってばかりでも人は成長しませんが、努力をして結果が出たときには大いに褒め、成功体験というものは素晴らしいものだという喜びも実感させるべきです。

そして、そのタイミングで次なるステップのアドバイスをする。

一つ褒めると同時に一つ助言する、これも重要です。”

 

褒めるとそれが成功体験につながっていきます。

褒められると嬉しいので、どんどん良いスパイラルになっていくということです。

 

これは人間関係にも応用できるのではないでしょうか。

人は他人を批判したりこき下ろしたりしがちです。

人のマイナスな面は表面上分かりやすく、目につきやすいからです。

 

でも、他人の批判や愚痴を言い続けていると

言葉には言霊(ことだま)があると言われるように、

言った言葉が自分に跳ね返ってくるのです。

自分も他人から批判されてしまうということですね。

 

では逆に、他人の良いところを見つけて

褒めたり賞賛したりしたらどうでしょうか?

批判とは反対に、自分も褒められたり良い言葉をかけられたりするようになるのです。

プラスのことを自分から発信するとプラスのことが跳ね返ってくるのです。

自分も他人から賞賛されるようになるということですね。

 

この二つの現象のどちらが良いですか?

私は後者のプラスの現象の方が良いです。

他人を変えることはできませんが、

自分の意識を変えることは気をつけたらすぐに出来ます

わたしもいつも意識して実践しています。

 

そして子育てでも同じことが言えます。

どんな小さなことでも気づいたら褒めてあげるのが大事なことです。

 

例えば、給食を残さずに食べたとか、友達と喧嘩したけど仲直りできたとか。

子供は褒められたら嬉しそうな顔をしますよね。

褒めて小さな成功体験を積ませてあげること。

その積み重ねが子供の自己肯定感を増やしていくことにつながると思います。

自己肯定感が増すと、確固とした自分軸が確立されていきます

私も子育て中ですが、褒めてたくさんの成功体験を子供に積ませてあげたいと思っています。

 

「お金の使い方」の自分軸を持つ

心に響いた文章を抜粋します。

”いくら考えてもわからないことで悩まない。

検証しようがないものに執着しても、答えは得られない。

とらわれていると、貴重な時間だけがすぎてしまう。”

 

時間というのは本当に貴重です。

「今」という瞬間は過ぎ去ったらもう戻ってきませんよね。

いくら悩んでも解決しないことに執着していると、

むやみに時間を浪費することになります

 

そして執着しないということは、お金の使い方にも言えると思います。

お金を減らしたくないということに執着していると、

自分の価値よりもお金の方が上になってしまいます

自分の価値<お金 という式ですね。

 

例えばどういうことかというと、食材の買い方で考えてみてください。

お金を減らしたくないばかりに、いかに安い食材を買うかという事に

とらわれていないでしょうか。

良い食材でおいしい料理を作って自分を満たしてあげる

ということを忘れていないでしょうか。

 

一番大事なことは、お金を減らさない事よりも

自分を大切にしてあげる事ですよね。

つまり、自分軸をしっかり持ち何を大事にするかを明確にすることが重要です。

 

自分軸を持つ事のまとめ

自分軸を持つべきヒントについて、3つの事柄を紹介しました。

自分軸を持つ、つまり自分の価値感をしっかり持つという事は

自分の人生に責任を持つという事でもあるのです。

他人に流されない自分らしい人生を、私もこれから歩んでいきたいものです。

 

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

「お金がない!」という前にするべきこと【家計を救うコツ】