ヘルシーレシピ!【高野豆腐のダイエットおやつ】と5つの魅力

レシピ本プレゼント

Pocket

こんにちは、高之瀬陽子です。

高野豆腐を使ったヘルシーなダイエットおやつのレシピと、高野豆腐の5つの魅力についてご紹介します。

高野豆腐のヘルシーラスク

1)材料

高野豆腐 2枚

はちみつ 大さじ3

サラダ油 大さじ1

きび砂糖 大さじ1

塩ひとつまみ

仕上げ用きび砂糖少々

 

2)作り方

1)高野豆腐は水に浸けてもどし、ぎゅーっと絞って水気を切る。

縦長の棒状に切る。

2)フライパンにはちみつ大さじ3、サラダ油・砂糖各大さじ1を入れ、弱火でよく混ぜる。

3)高野豆腐を入れよくからめる。

水分が飛んだら火を止める。

4)天板にオーブンシートをしき、高野豆腐を並べる。

5)160℃に余熱しておいたオーブンで20分焼く

6)焼き上がったらオーブンから取り出し、天板にのせたまま冷ますとカリッとなる

7)仕上げ用きび砂糖をまぶす。

高野豆腐の魅力

では次に、魅力いっぱいの高野豆腐の5つの特徴について紹介します。

1)高タンパク・低糖質

高野豆腐の栄養成分は植物性タンパク質

普通の豆腐の約2倍摂取できるのです。

また、高野豆腐のタンパク質は大豆からできているので、必須アミノ酸をバランスよく含んでいて効率よく体内で使う事ができます。
タンパク質は肌や髪を美しくしたり、筋肉や血液のような体をつくる重要な成分ですね。

そして、高野豆腐の糖質は100gあたり1.7gととても低いのです。
糖質を抑えたい時は最適な食材なのですね。

 

2)脂肪燃焼

タンパク質のアミノ酸が多いと、基礎代謝を上げ脂肪の燃焼を助ける効果があります。

血液中の中性脂肪の上昇を抑える効果もあることがわかっています。

 

3)ミネラル摂取

高野豆腐はミネラル類が豊富に含まれています。

現代人に不足しがちな、マグネシウムや亜鉛が特に多いのですね。

マグネシウムはカルシウムとのバランスが大事で、骨の形成に関わります。

亜鉛が不足すると味覚障害の原因となる事も知られていますね。

他にはカリウムや葉酸も取れます。
葉酸は貧血予防にも役立ちますね

 

4)アンチエイジング

アンチエイジングに役立つのはビタミンEです。
高野豆腐はビタミンEの宝庫なのです。

また、ガン予防として注目されているビタミンKも多く含まれています。

 

5)イソフラボン

更年期の女性の不調を抑えるのに効果的なのがイソフラボン

高野豆腐は大豆からできていますので、大豆に含まれるイソフラボンが豊富です。

イソフラボンは高い抗酸化作用があるため、体の老化を抑えたり生活習慣病を防ぐ効果があるのですね。

 

高野豆腐の栄養成分

高野豆腐の栄養成分について、具体的な数値を転載しておきます。

 

高野豆腐(約16g)に含まれる主な栄養成分

エネルギー 86g

タンパク質 8.1g

脂質 5.5g

炭水化物 0.7g

カリウム 5㎎

カルシウム 100㎎

マグネシウム 22㎎

鉄 1.2㎎

亜鉛 0.8㎎

マンガン 0.69㎎

ビタミンE(αトコフェロール) 0.3㎎

ビタミンK 10μ

葉酸 1μ

食物繊維 0.4g

(「日本食品標準成分表(2015)」準拠)

高野豆腐のまとめ

いかがでしたか?

高野豆腐は栄養豊富なので普段の食生活にどんどん取り入れていきたいですね。

実際、私は毎日のように何かの料理で使っている食材です。
煮ものだけではなく、高野豆腐には意外な味付けが合ったりと幅広く応用できるのです。

試しに、高野豆腐のヘルシーラスクを作ってみてくださいね。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

酢キャベツの作り方。ダイエットにも一役!【簡単レシピ】