あさりの砂抜きの方法と味噌汁レシピ(冷凍と生の使い方は違う!)

プレゼント

Pocket

 

こんにちは、高之瀬陽子です。

あさりの砂抜きの方法と味噌汁レシピ、冷凍と生の使い方の違いについて紹介します。

 

あさりの味噌汁の作り方【動画】

動画で冷凍と生の使い方の違いについて解説します。

 

あさりの砂抜きの方法

1)約3%の塩水を用意します。

  水500mlに塩大さじ1で約3%になります

2)バットと網(バットの中に入る大きさ)を使います。

またはボウルとザル(ボウルの中に入る大きさ)でもできます。

3)網またはザルにあさりを置いて、あさりが少し出るくらいまで塩水を入れます。

4)新聞紙を上に乗せます

(暗い方が砂を吐きやすいです。元気なあさりはびゅんびゅん飛ばします。)

5)常温で3時間くらい置いておきます。

  潮干狩りなどで海から採ってきたあさりは、冷蔵庫で一晩砂をはかせます。

6)砂を吐き終えたら、ボウルの中であさり同士をこすり合わせながら何度か水をかえて洗います。

 

あさりの味噌汁の作り方

冷凍のあさりを使う場合

1)冷凍保存しておいたあさりを使う場合は、

  まず最初に鍋のお湯を沸騰させます

2)ぐらぐらと煮立ったら、お湯がはねないように気をつけながらあさりを静かに鍋に入れます。

3)火加減は弱火~中火にして、

  ぼこぼこではなくふつふつと小さい泡が出てくるくらいの状態にします

4)あさりの殻が開くまで加熱します。

5)殻が全部開いたら、味噌を溶き入れます。

6)味噌を入れた後に加熱を続けると香りが飛んでしまうので、火を止めます

 

生のあさりを使う場合

1)砂抜きをした後に生の状態ですぐにあさりを使う場合は、

  水と一緒にあさりを鍋に入れます

2)中火で加熱します。

強火で一気に加熱するとあさりの旨味が逃げ出してしまうので、じわじわと熱を加えます

3)あさりの殻が開き始める音がしたら、弱火にします。

  ふつふつと小さい泡が出てくるくらいの状態にします

4)あさりの殻が開くまで静かに加熱します。

5)殻が全部開いたら、味噌を溶き入れます。

6)味噌を入れた後に加熱を続けると香りが飛んでしまうので、火を止めます

 

火加減がポイント!

あさりを使う時は火加減がポイントとなります。

じわじわと旨味を出すために、強火にしすぎないこと

あさりの様子をうかがいながら火加減を調節することが大事です。

 

焦りは禁物

気長にあさりにつきあってみてください。

 

あさりの栄養

あさりにはミネラルなどの栄養素がたくさん入っています。

うま味成分も豊富ですし、肝機能の促進や血液サラサラ効果などがあります。

 

二日酔いにはしじみの味噌汁が良い、などと言われますよね?

しじみも同じ貝類なので、肝機能の促進効果があるのですね。

 

あさりの効果的な食べ方

あさりは加熱した時に出る汁に栄養やうま味成分が含まれています

なので、汁ごと食べられる味噌汁は理にかなっているのです。

 

酒蒸しやボンゴレパスタ、炊き込みご飯なども

汁ごと食べられるので最適ですね。

 

あさりの味噌汁のまとめ

いかがでしたか?

あさりなどの貝を使う味噌汁は、

煮干しや鰹節などの他のだしを取らなくてもいいので

とても手軽にできるのです。

 

私は朝の忙しい時に、よく冷凍保存しておいた貝の味噌汁を作ります。

あさりの他には冷凍のしじみもよく使います。

しじみも使い方はあさりと同じです。

火加減に気をつけながら、ぜひおいしい味噌汁を作ってみてくださいね。

 

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

酢キャベツの作り方。ダイエットにも一役!【簡単レシピ】