忙しい人ほどやった方がいい?!ストレスをためない5つの方法

プレゼント

Pocket

こんにちは、高之瀬陽子です。

30代後半で6か月で12キロの減量に成功しました!

その秘訣は⇒こちらから公開中です。

 

ストレスをためないために、何か意識していることはありますか?

今回は私が意識しているストレスフリーに過ごす方法を紹介します。

環境を静かに整える

まず初めにやった方がいいことは、静かな環境にすることです。

テレビなど音の出るものはいったん消して、雑音が入らないようにしましょう。

 

テレビは意識しないうちに私たちに影響を与えています。

次から次へと流れるCMなど、刺激的な音や光はストレスがたまりやすいです。

逆に、川のせせらぎの音や波の音など、癒しとなる音を流すのは効果的ですね。

 

ストレスフリーに過ごす5つの方法

環境が整ったら、行動に移してみます。

その1.朝目覚めたとき、起き上がる前に呼吸している自分に感謝する。

ああ、今日も起きてちゃんと息を吸ってはいて生きているなぁ。

吸う、はく。吸う、はく。

何度か繰り返します。

ただ、呼吸していることを意識します。

 

その2.食事の時は何も見ない、読まない。

ニュースを見ながら、新聞を読みながらご飯を食べていませんか?

食事の時はただ「いただく」という行為に集中してみてください。

噛んで味わうことに意識を集中

 

食事の時間は短い方なら数分で終わる行為です。

「ながら食べ」をやめるだけで、ご飯の味が変わります。

 

今日も美味しくご飯をいただける幸せを、もう一度かみしめてみてほしいと思います。

 

その3 歩く。

なるべくエレベーターやエスカレーターを使わず、自分の足で歩きます。

歩くことでリフレッシュにもなるしもちろん運動量も少し増えます。

イライラやもやもやした気持ちも少し落ち着いてくるのを感じられるはずです。

 

その4 トイレで深呼吸。

一人になれる空間で、目をつぶって呼吸だけを意識してみてください。

息をしている自分、生きている自分を再確認する時間です。

普段は意識しない自分の命を感じてみてください

 

その5 寝る前の心。

心の状態を良くしてから眠りにつきたいですね。

マイナスのことはいったん忘れて、プラスのことだけを考えます。

その日一日の中で、どんなに小さなことでもいいから嬉しかったことを思い出してから寝るようにします。

 

数分でもいいから続けることが大事

忙しい毎日を過ごしていると、あれもしなくちゃこれもやらなくちゃ!と何かに追い立てられているような気がしますよね。

疲れている脳を休ませてあげられるように、一日のうち数分でもいいからリセットする時間を取ってみてはいかがでしょうか。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

幸せになる!小さな習慣【Happy Lifeのヒント】

↓これまでに出版した本↓

お肉と乳製品を使わない。地球にやさしいレシピ

そば粉シフォンケーキ

そば粉の焼き菓子-乳製品不使用のやさしいおやつたち

高野豆腐が主役‐もうお肉はいらない

高野豆腐と粉豆腐のおやつ‐そば粉でヘルシー

野菜だけ!シンプルレシピ-動物性食品不使用のカラフルおかず

↓期間限定レシピ本プレゼント中!↓

ヘルシー料理のレシピ集