美味しそうな写真を撮るコツ(2)【ホワイトバランス】

レシピ本プレゼント

Pocket

 

こんにちは、高之瀬陽子です。

今回は、美味しそうな写真を撮るコツのホワイトバランスについて

私の工夫をまとめました。

 

ホワイトバランスとは?

写真を撮る時にホワイトバランスを変えてみたことはありますか?

 

例えば色の付いたサングラスをかけた時、

黄色いレンズだと周りも黄色みをおびたように見えますよね?

 

カメラのホワイトバランスはそれと似たようなからくりで、

レンズの前に違う色のカラーセロファンを置くようなイメージです。

(カラーセロファンは、いろいろな色の付いた薄い透明なビニールのようなもの

のことです。子供の頃、工作で使ったことがありませんか?)

 

あたたかみのある光と冷たい光

あたたかみのある光はオレンジがかっていて、

白熱球やLEDの電球色に代表される光です。

冷たい光は、蛍光灯などの白っぽい光です。

 

蛍光灯の下で食べるごはんは、何だか味気なく感じませんか?

それは光の色に影響されているからです。

 

ホワイトバランスを変えて写真を撮ってみる

ホワイトバランスを変えて撮った写真を並べてみました。

  

夜、部屋の明かりは白熱灯。

スマホで白いごはんを撮りました。

どの写真が一番おいしそうに見えますか?

 

オートでは白々しい印象で、白熱灯マークで撮った写真が

一番おいしそうに見えると思いますが、いかがでしょう。

 

私が夜にご飯の写真を撮る時は、

部屋の明かり:白熱灯

ホワイトバランス:白熱灯

の組み合わせです。

 

美味しそうな写真を撮るコツのまとめ

ホワイトバランスについて、私の工夫を紹介しましたがいかがでしたか?

ご飯の写真を撮る前に設定を変えてみると、

違った表情の写真が撮れますよ。

よかったら試してみてくださいね。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

美味しそうな写真を撮るコツ(1)【盛り付け方】と加工アプリ

美味しそうな写真を撮るコツ(3)【光の向き】