『お肉と乳製品を使わない。地球にやさしいレシピ』出版記念

Pocket

 

こんにちは、高之瀬陽子です。

先日、Amazonのkindleで本を出版しました。

お肉と乳製品を使わないレシピの本です。

 

ただ今出版キャンペーン中です。

こちらのページを見てみてくださいね。

 

動画でも紹介しています。

 

地球にやさしいとはどういうこと?

1 家畜動物も呼吸をしている

私のレシピにはお肉と乳製品が出てきません

 

それはなぜか?というと、

地球温暖化と深く関わっているからです。

 

私たちが日々口にする食べ物と地球環境は

切っても切れない関係です。

毎年、お米が豊作か気になりますし、

野菜の価格が高くなったり

果物の糖度が上がったり、玉太りが良かったり悪かったり。

農作物一つとっても、

気候の影響を受けていることが良く分かります。

 

では、お肉や乳製品はどうかというと、

家畜を育てるために飼料作物を作り与えます

家畜動物も呼吸をするので二酸化炭素を吐き出します

糞尿も出ます。

 

私たち人間と同じですよね。

 

2 食肉生産が温暖化を加速させている

スーパーで売られているお肉のパックになるのに、

どのくらいのエネルギーが使われているかご存知でしょうか。

 

なんと牛肉を1kg食べると、

車で100km走るのと同じ量の温室効果ガスが排出されるのです。

豚肉・鶏肉・乳製品も環境に与える影響が高く、

牛肉の約半分くらいの温室効果ガスが排出されています。

 

食肉用に飼育される動物にはトウモロコシや大豆など

栄養価の高い穀物がエサとして与えられています。

穀物は草と違って、

人間が手をかけて育てなければ収穫できません

動物のエサを作るためだけのために、野菜を栽培するのと同じように

化石燃料などのエネルギーが使われているのです。

 

3 一日でもいいからお肉を食べない日を作りませんか?

私が提案しているヘルシー料理には

高野豆腐や納豆などの大豆製品がたくさん登場します。

 

そしてここ最近の私の食生活は、ほぼ植物性の食品で成り立っています。

野菜をたくさん食べているおかげで体の調子がとてもよく、

疲れを感じにくくなりました

 

お肉を食べないことで食べ物の消化に時間がかからず

体への負担が軽くなっているからのようです。

 

地球にやさしい料理はあなたの体にもやさしい

食事は毎日摂るもの。

体にやさしい食材を選んで、

ぜひあなたの体もいたわってあげてほしいと思います。

 

気にかけて手をかけてあげると、

体はちゃんと応えてくれます

 

そして、これは実際に料理をして食べ続けてみないことにはわかりません

いろいろなレシピをこちらで紹介していますので、

私の想いを受け取っていただけたらとても嬉しいです。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

納豆で?!ダイエットドライカレーの作り方【ヘルシーレシピ】

高之瀬陽子 公式メールマガジン
ダイエットから解放されてストレスフリーになったストーリー

≪学べる内容≫

✔無理な食事制限も特別な運動をしなくてもできる、減量成功のカラクリとは?

✔一回身につけたらもう絶対にリバウンドしないしくみとは?

✔長続きしない・すぐ諦めてしまう人でもできる、ダイエットを続けられる秘訣とは?

✔我慢しなくても美味しい料理が食べられる、健康的にやせるレシピとは?

✔きれいになっておしゃれを楽しめる輝く未来を確実に手に入れる、痩せていく脳の作り方とは?

etc.……

↓ ↓ ↓ ↓

プレゼント